津市引越し探検隊!一番安い業者は?見積もりの料金相場はどの位?

津市で段ボールだけの引越し料金について

2016年10月04日 14時35分

「段ボールだけで引越」と耳にすると、レアなケースを想像されるかもですが、こういう風に状況は意外に多いのです。例えば人生ではじめて一人暮らしをする場合もそうです。家具など大物は新規で買っていくので、移動時の荷物は段ボールで済む、ということも多いです。また、近年家具家電付きの物件も増えているので、このような「業者に頼んで引っ越したいものは段ボールに収まる」なんていう方も珍しくありません。荷物の中身は服や食器、本やCD,DVDのみ、そんなケースもあるでしょう。このような引越なら、どうすればはやく・安く引越を頼むことが出来るのでしょうか。そんな時はネットの見積もりサイトを活用して、複数社から見積もりを取れば料金は何と半額にもなります!理由はカンタン、ライバルと競争するので安くしなければいけないのです。使う使わないは別の話!まずは、値段がどの程度なのかだけでもチェックしてみては?段ボールのみの引っ越しの場合、大切なのは「段ボール何箱分なのか」というところです。箱の数が少ない場合、宅急便業者に1箱いくらの送料を払い、新居まで送る方がはるかに安く済むことがあります。しかし、宅配便で頼んだ場合、避けることが難しいデメリットもあります。この先は、郵送業者と引越業者のそれぞれのメリットを紹介します。段ボールのみの引っ越しの場合、宅配会社に依頼する一番の利点は金額が安くなるという点に尽きます。全体の箱数が少ない場合、ほとんどが宅配で送る方が安く済みます。しかし、1箱ずつ料金がかかるので、数量が多すぎると思いの外高くなることも。縦横高さを足して、160㎝を超えない荷物以外はNGです。(クロネコヤマト)また重さも1箱30kg以内と制限があるので重いものと軽いもののバランスを考えて箱作りしなくてはいけません。引っ越し業者だと何人もの人手で荷物を移動させるのでこういった制限は特にないですが、宅配会社は基本は一人で荷物を移動できることが前提にあります。規格外の荷物は依頼できないので注意してください。底が抜けないように梱包はきっちりと自分ですることもお忘れなく。宅配便で段ボールを送る時は、当日は荷物の受け取りはできないのも、欠点といえますね。かなり近場だろうと、最短翌日の配達になることを忘れないでくださいね。新しい部屋で、引っ越し当日の夜使いたい荷物は、宅配を使わず自力で運ぶ必要性が出てきます。*佐川急便の宅配便やゆうパックでも似たような制限がつきます。いずれの業者も玄関口まで荷物を移動しておくこと、到着の際も同じく玄関先で受け取りなので、力がない方だと厳しいでしょう。引っ越し会社は、引っ越し当日に荷物を届けてくれるという点が最大の利点になると思います。部屋の荷物まるごと当日中に届くので、新生活を始めるのもスムーズにいきますし、自身で荷物を運ばなくていいというのはかなり楽です。近所の場合は問題なく運べても、転居先が遠くの場合、自力で当日必要な物を運ばなければならないのは大変だと思います。全体の箱数が少ない場合、1箱につきいくらで料金を支払う宅配利用の方が安上りになることが多いみたいです。しかしながら、段ボールの数がある程度増えた場合、単身引っ越しパックを扱っている会社を利用することで、宅急便より安く段ボールの引越しを行うことが可能となります。単身パックとは、1人引っ越しサイズの専用の箱に物を詰め込み、BOXまるごとで引っ越ししてしまうパックです。BOXごと引っ越しする為、荷物が行方不明…なんてことも起きないですし、金額もかなり安くできるように進化しました。これの利用なら、宅配の時のように1箱あたりの重量制限や、サイズも考える必要はありません!荷物が専用箱に入ってしまえば良いのです。段ボールの他の荷物も一斉に詰めることが